2020.06.11累積脱水に注意喚起

累積脱水
この季節今年は「暑熱順応」という言葉での暑さ対策を促していますが、当クリニック関連施設へは「累積脱水に注意」というキャンペーンを毎年行っています。季節の変わり目に起こりやすい現象です。のどの渇きを介護者が自覚しないことから、不感蒸泄対応に遅れが生じ、数日で徐々に脱水が進んでしまうことを指しています。体重が低下し、脈拍も早くなって、汗もかかなくなってしまいます。積極的に定期的に飲水を進めてください。飲んで予防するしかありません。治療は適宜点滴になるのでしょうか。早期発見、早期対応を!
追:人間も化学反応で生きています。飲み物は暖かいものがいいでしょう。エアコンで体表面が冷えますので、深部体温を保つことが体調不良を予防するにはいいと考えます。出来れば汗で失う電解質も適宜補充するのがいいでしょう。